へたれたソファが蘇る方法をプロに聞いてみた

へたれが生じたソファを蘇らせるのが可能?プロの情報提供を活かして生活力アップへ!

経年劣化したクッションソファも新品に近い状態になるかも

家庭や民宿をはじめ様々な場面でソファを使用されていますが、種類はいくつかあります。主なものを確認しましょう。

背もたれに対して、シェーズロングという座面の部分が長いものが左右のどちらかについているタイプのものがカウチソファです。横になって寝れるので、座る以外で簡易ベッドの役割も果たします。

L字タイプの形をしたコーナーソファは、部屋の角を有効活用したうえでテーブルを囲うようにして設置ができます。全ての側面に背もたれがあり、主にビジネスや家庭で大切なお客さんをおもてなしする時に使用します。

脚が付いていない状態で背丈が低いものは、フロアソファです。座椅子を複数つないだ形で、ベッドとして利用することもできます。座面が低いので、腰痛や膝痛を抱えている人には立ち上がりをする際の負担が掛かるかもしれません。

背中や頭まで十分に支えてもらえるうえ、高い背もたれを得られるのがハイバックソファです。皮の生地タイプもあり、1台あれば部屋に高級感が出ます。サイズが大きめなので、へたれが生じた時に直す際、苦労する可能性は出ます。

一人掛け用のソファがあり、単身世帯や1人の時間を持ちたいと考えている人が使用するケースが多いです。カップルをはじめ密着して座りたい人向けには、二人掛けや三人掛けソファもあります。各種ひじ掛けが付いているなら、そこにもたれて楽な姿勢で座れます。

ソファには様々なタイプのものがあり、生地や背もたれ以外に脚やひじ掛けなどもついています。各種へたれや故障が出た場合に自分で直せると買替をしなくて済むうえ、生活力アップに繋がります。

先ずはソファの仕組みについて確認しましょう

ソファを使用していると様々な個所に劣化が出ますが、クッションのへたれを直すと心地よさが蘇ります。余程状態が悪くなければ自力で直すのは可能ですが、使用している素材によっても直し方が異なります。各種ニーズに合わせた直し方を行い、長期間賢くソファを使用しましょう。

キズがあっても直すことは難しくないかも

ソファの生地や背面、脚の部分などにキズが生じるケースがあります。意外と目立つうえ素材によっては不具合が進んでしまします。できるだけキズを目立たなくさせることで長期間快適な使用に繋がりますが、状態によっては自力で直すのは可能です。また、スキルをうまく活用できれば様々な生活場面で活用できます。

他にも不具合が出る可能性がある所は?

ソファの不具合が出る場所で見落としがちな所はあります。特に足元のぐらつきや背面の骨部分の不具合などは、そのまま使用を続けても怪我のリスクを高めるので注意が必要です。その他、ひじ掛け部分の不具合も直せる場合があります。最初は苦手意識を感じる人でも、各種修繕に取り組むと意外と簡単に感じるかもしれません。

PAGE TOP