へたれが生じたソファを蘇らせるのが可能?プロの情報提供を活かして生活力アップへ!

先ずはソファの仕組みについて確認しましょう

へたりの直し方

ソファクッションの中身は、綿100パーセントをはじめ様々な種類があります。綿タイプのものは、新たに綿を入れるだけで直る可能性があります。縫っている部分を切り、そこに綿を入れて補修をすれば作業は完了です。手芸用のもので問題ありませんが、ものによっては硬く感じるかもしれません。

ウレタンタイプも同様で、同じものを補充する必要があります。サイズを計測して同じタイプのものを発注したうえで補充ができると、簡単な補修に繋がります。また、家庭で不要になったマットレスをカットして再利用するのも1つの方法です。

各種素材を新たに補充するだけでへたりが直る可能性があります。各種研究をしたうえで、自分に合った方法を試してみましょう。

細かな接続部分の修理を行う

ソファにはフレームを支える部分があり、床板が破損をしていると木材とねじを交換することが必要になります。床板の計測を行い、サイズに合わせたものをホームセンターなどで購入しましょう。木材を取り付ける際、木工用の接着剤で固定を行い乾かしてから使用しましょう。また、ハンマーや釘を使用して木材の壊れた部分を固定する方法はあります。しかし、釘による固定であれば場所によっては目立ってしまうので、気になる人はシールを貼りましょう。

スプリングがあるタイプなら、経年劣化により曲がりが生じる可能性があります。ペンチで曲げて他のスプリングと同じ形に戻せると、通常通りの使用ができます。ただし、交換のレベルになれば家具修理に強い職人に依頼をしましょう。



PAGE TOP