へたれが生じたソファを蘇らせるのが可能?プロの情報提供を活かして生活力アップへ!

キズがあっても直すことは難しくないかも

浅いキズなら

動物による引っ掻きや経年劣化に伴い、ソファにキズが生じてしまいます。使用する素材に合わせた補修ができると、買替が不要になり長期間の使用が可能となります。

例えば、本革であれば浅めのキズは表面が毛羽立っている状態となります。馬毛ブラシがあれば、キズが出ている部分を磨いて表面を整えることで馴染む場合があります。また、擦って手から油を出して補修に繋げるのも1つの方法です。その他、保湿クリームをつけるのも良いでしょう。

製造してから劣化していく合皮タイプは、人工的な革なので直すのが難しいかもしれません。着色クリームを利用してキズを目立たたなくする方法はありますが、素材の劣化までは防ぎきれない可能性はあります。

深いキズの修理など様々な場面で役立つ情報

深いキズが生じているなら、自力で直すのは諦めるのは1つの方法です。あくまでも応急処置のレベルになりますが、革の剥がれは補修クリームを重ね塗りして染めるようになります。見栄えを良くするには、パテを利用して平らな状態にしましょう。ソファの座面のような力が入りやすい所であれば、補修シートを貼りキズを目立たなくする方法はあります。しかし、中の綿や骨などの状態が悪い時には、そのまま使用するのは控えましょう。

なお、ソファの寿命は合皮タイプで5年、本革タイプで10年が目安です。表面などにひび割れが出た時は、買替をするタイミングとなります。深いキズが出ている状態であれば他にも機能が低下している所はあるので、補修では間に合わない可能性が高いです。その場合は、自分で直そうとはしないで買替をしましょう。



PAGE TOP